受験基礎化学 7.周期表

             ※  ○○ をクリックして解説動画へ!

 

周期表      

 

 周期表…元素を原子番号の順に性質にあわせて並べた表

Kp.44-1 

 

Kp.44-2

 

陽イオン(陰イオン)になりやすい原子のことを陽性(陰性)が強いという。

 

 

周期表は結構でるところ盛りだくさんだから、いろいろあるよ。

まず、周期表は原子番号の順番に並んでいるということ。

昔は原子量の順番に並んでいたのだが(メンデーレーエフが見出した)、現在は原子番号の順番、つまり陽子の数の順番に並んでいる。

そして、上表の横列を見ていこう。

第1周期から第7周期まであるのがわかるだろうか。

それは最外殻の電子殻が違っていて、第1周期はK殻にしか電子が入っていないが、第2周期になるとその外側のL殻まで電子が入るようになる。

その後、3周期4周期と進むにつれ、M殻、N殻へと電子が入っていく。

次に縦列を見よう。

縦は左から1族2族という風になっている。

1族や2族は陽イオンになりやすいのだが、左側の16族や17族は陰イオンになりやすい。

17族は特にハロゲンと呼ばれ、一価の陰イオンになりやすい。

18族は希ガスと呼ばれ、安定している気体で他の原子と化合物を作りにくい。

今度は違う視点で見てみよう。

典型元素、遷移元素という分け方と、金属、非金属という分け方がある。

3族から11族までを遷移元素と呼び、残りを典型元素と呼ぶ。

典型元素では周期表の縦の類似性(同じ族の原子の性質は大体似ている)があり、遷移元素では横の類似性がある。

特にZnがよく出題されるが、12族のZnは典型元素であることを覚えておこう。

また、金属元素と非金属元素では金属元素の方が圧倒的に多く遷移元素はすべて金属元素であり、水素以外はBから階段状に非金属元素が位置している。

それ以外に、常温で液体の単体はHg水銀)とBr(臭素)のみであること。

半導体としてはケイ素やゲルマニウムがあることなどもここであわせて覚えてこう。

 

ニューグローバル問題19

ニューグローバル問題21

 (「価電子」「電子配置」についてはこちら)

 


コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archives

New Entries

recommend

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM