受験化学 9.溶解度の計算1

溶解度はまずは定義が大事なんだって。

これ理解しとかないと、問題解けなくなるよ。

 

溶解度……溶媒100gに溶ける溶質の最大質量g数

p.40-2 c

飽和溶液……溶解度まで溶質を溶かした溶液

質量パーセント濃度……溶液の質量に対する溶質の質量の割合

モル濃度……溶液1Lに溶けている溶質の物質量

 

 

「溶媒100gに溶ける〜」ってところがすごく大事らしい。

で、お約束の数値だから単位はいらないんだって。

溶解度、質量パーセント、モル濃度は大事だから、ちゃんと覚えてね。

 

 

正確なモル濃度水溶液の作り方

 

p.41 GIF

 

モル濃度は、最後に決まった量にすることが大切なんだけど、溶解度は決まった量の水でうすめることね。(例えば、水1000gに100g溶かすとか…)

あっ!それから、体積と質量は絶対に別物だよ。

(体積はLなどで、重さはgなどで表す)

 

 

】水100gに塩20g溶かしたときの溶解度はいくらか?

 

溶解度は溶媒100gに対してだからそのまま  20

 

 

】水1000gに塩500g溶かしたときの溶解度はいくらか?

 

溶媒(水)100gに換算して

p.42-2

1000gに500gなんだから、100gなら10分の1になるね。

 

 

】10%の食塩水の溶解度はいくらか?

 

p.42-3 cp.42-3 cp.42-3 c

p.42-3 c

p.42-3 c

 

みくるひとこと

溶解度を考えるときは、いつも100gの溶媒に溶質が何g溶けてるのかをイメージしながら解くことなんだって。

とにかく溶媒100gね。

 

 

1mol/LNaCl水溶液(密度d1.0g/cm3)の溶解度はいくらか?

 

p.43-2 c

 

先生がすごいこと言ってた。

密度が出たら、みんな急にわからなくなるんだって。

それは普通の人がまじめに単位を考え過ぎてるかららしい。

「密度が出たら、とりあえず水の密度が1なのを思い出せ。密度1.2g/cm3だったら、水の1.2倍の重さがあると考えればいい。」って教わったよ。

 

 

】3mol/LのNaCl水溶液(密度d=1.2g/cm3)の溶解度はいくらか?

 

p.44-2c

 

みくるMEMO

とにかく密度を1000倍すると必ず1Lの重さが出てくるから、密度を見たら、とりあえず1000かけて1Lの重さを出すと便利。

 

 

溶解度30のNaCl水溶液が500gある。NaClは何g溶けているか?水は何g 溶けているか?

 

p.44-3 c

 

みくるMEMO

30/130というところがポイントだよ。溶液と溶媒を足して130あったとするとその中の30(計算すると23%)が溶質ってことね。

 

 


コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archives

New Entries

recommend

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM