受験化学 10.溶解度の計算2

溶解度が変化する計算問題は、ちょっと難しいけど、コツがあるんだって。

コツを掴めば簡単らしいよ。

一緒にがんばろうね。

 

溶解度が変化する計算問題

 

p.45-2

温度によって溶解度が変化する問題は基本的に全部で4パターンあるんだって。

結晶が析出する問題、結晶を追加する問題、水を加える問題、水を蒸発させる問題。

でもこのうち、圧倒的に多く出るのは、上の図にあるような結晶が析出する問題だよ。

どのパターンも先生のオリジナルの方法で解けるから、完全にマスターしようね。

 

 

【問】NaClの溶解度が40℃で25、30℃で15とする。40℃の飽和水溶液500gを30℃に冷却すると、何gのNaClが析出するか?

 

p.46-2 c

 

p.46-3 c

 

私もこの方法を使えるようになって、すごく速くできるようになった。

先生流計算方法って書いてあるのが、上の図をまとめた先生の書き方なんだけど、分数みたいに書いてあるように見えるけど、あれは分数じゃなくて、溶質と溶媒を分けてるただの境目なんだって(笑)

 

みくるひとこと

いつもいつも同じやり方だから、マスターしたらすごく便利だよ。

 

 

もう1問やってみよう!

 

【問】NaClの溶解度が50℃で30、20℃で10とする。50℃の飽和水溶液200gを20℃に冷却すると、何gのNaClが析出するか? 

 

p.47-2 c

 

みくるひとこと

みくるひとことみくるひとことみくるひとことみくるひとこと

何回も一人で出来るようになるまで練習ね。

 

 

次は水を加えるパターンの問題

 

【問】NaClの飽和水溶液200gの溶解度が30のとき、これに水を加えて溶解度10にするには、何gの水を加えるか?

 

p.48-2

 

   

今度は結晶の質量が変わらなくて、水が変わるから水をχとしようね。

※溶解度はその温度での飽和溶液なので、水を加えて溶解度を変化させるというのは、本当は日本語的にも変なんだけど、問題をシンプルにするために、あえて作っています。

 

 

結晶を加えるパターン

 

【問】NaClの飽和水溶液200gの溶解度が30のとき、これにNaClを加えて溶解度50にするには、何gのNaClを加えるか?

 

p.49-2 c

 

 

とにかく同じやり方。違いに気をつけてね。いつも上には溶質、下には溶媒を書く。

 

 

水を蒸発させるパターン

 

【問】NaClの飽和水溶液200gの溶解度が30のとき、水を蒸発させて溶解度50にするには、何gの水を蒸発させるか?

 

p.50-2 c

 

  

練習終わり!理解できた?

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archives

New Entries

recommend

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM