受験化学 62.アルコール1

   ※  ○○ をクリックして解説動画へ!

 

官能基有機の性質を決めている原子の集まり

 

p.294-2

p.294-3

 

 

 

 

アルコール

 

   R − OH

炭化水素基(CH3(メチル基)CH=CH(ビニル基)などにOHがついたもの

  
炭化水素をヒドロキシ基(−OH)で置換したもの

CH3−OH…メタノール(メチルアルコール)

C2H5−OH…エタノール

C3H7−OH…プロパノール

p.294-4

 

 

アルコールの価数

 

分子中の−OHの数によって分類

p.294-5

 

 

p.295-2

アルコールの級数

 

OHのつく炭素に、別の炭素が何個ついているかで分類

 

p.295-3

 

p.295-4

 

アルコールの級数はすごく重要だから完璧に覚えようね。

 

 

p.295-2

アルコールの酸化

 

p.296-2

 

第一級アルコールは酸化されて、アルデヒドを経てカルボン酸になる。

第二級アルコールはケトンになる。

第三級アルコールは酸化されない。

これ、絶対に覚えようね。

 

 

p.297-2

第一級アルコールの酸化

 

p.297-3

 

 

みくるMEMO

酸化される過程は「水素を離す」か、「酸素がつく」だから、炭素の数は変わらない。

 

 

第二級アルコールの酸化

 

p.298-2

 

 

第三級アルコールの酸化

 

OHのHを離したとしても、OHの隣のCにはH1つもないので、二重結合を作ることができない。

 

p.298-3

 

 

      セミナー化学問題402

        (「ニトロ基」はこちら)


コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archives

New Entries

recommend

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM