受験化学 64.エステル

エステル

 

          −COO で表される化合物

 

p.305-2

 

 

 

エステル化

 

p.305-3

反応式の書き方

 

p.305-4

 

 

塩基によるエステルの加水分解 = けん化

 

  水となら平衡状態になるが、塩基となら100%右へ移動。

p.305-5

p.305-6

 

 注意 実験上の注意

エステルは水に溶けないので、NaOHaqを入れた瞬間は二層になるが、徐々に溶けて一層になる。

 

エステルを考えるときは合計の炭素の数を意識しながらやるといいよ。

真ん中の-COO-に1つ炭素があることを忘れないようにしようね。

 

p.284

 実際の反応は…

 

p.306-2

 

 

エステルの問題は4パータンしかないんだって。

レベル0からレベル3まで書いといたから、1つずつマスターしていってね。

もちろん、レベル3が一番上級問題だよ。

 

Level 0】メタノールとカルボン酸をエステル化させて、炭素数4のエステルを作った。エステル化の反応式を書け。

 

エステルは炭素の数のみ数えよう!

p.306-3

 

 

Level 1】あるアルコールAを酸化したら、カルボン酸Bができた。AとBをエステル化させたら、炭素数6のエステルができた。そのエステルは何か?

 

p.306-4

 

 

Level 2】ある炭素数3のエステルを加水分解したら、AとBに分かれた。Aは還元性を持つ。AとBは何か?

 

p.307-2

 

Level 3】ある炭素数5のエステルを加水分解したら、1つは光学異性体をもつ物質が得られた。このエステルは何か?

 

光学異性体=不斉炭素(4つの手が違う炭素)を考える。

p.307-3

 

p.307-4

 

Level3の構造式のイメージを理解してね。

次の練習プラスの問題にも関係あるからね。

 

練習プラスLevel 2ある炭素数4のエステルを加水分解したら、ABに分かれた。Aは銀鏡反応し、Bはヨードホルム反応する。このエステルの構造式を書け。

 

銀鏡反応するカルボン酸はギ酸しかない。  

AはHCOOH

ギ酸は炭素数1なので、Bの炭素数は3つ

ヨードホルム反応するのは、Cの端から2個目にOHOがあるものなので、

p.308-2

 

常に頭の中には、RCOOH + R'―OHを考えておこう!


コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archives

New Entries

recommend

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM