受験化学 76.合成樹脂1

プラスチック(合成樹脂)

 

熱や圧力を加えることで、目的とする型に成型できる高分子材料

 

p.365-3

熱可塑かそ性樹脂

…熱を加えると軟らかくなり、冷やすと再び硬くなる性質。

ほとんどは熱可塑性。

付加重合(ほとんど)、縮合重合

p.365-2

 

p.365-5

熱硬化性樹脂

…熱を加えると軟らかくならず、分解してしまう性質

縮合重合

p.365-4

 

熱硬化性樹脂は一部だけらしいから、それ以外は熱可塑性樹脂って覚えていたら楽だね。

 

 

 

高分子化合物の構造

 

p.366-2p.366-2

p.366-2

 

 枝分かれが

p.366-3

  少ないもの…結晶化しやすい・硬い

  多いもの…結晶化しにくい・透明・軟らかい

p.366-4

 

架橋構造…側鎖によって2本の主鎖がつながったもの

 

p.366-5

 

 

三次元網目構造…架橋や側鎖によってできる→熱硬化性樹脂

 

p.366-6

 

 

三次元網目構造って江戸時代にいそうな名前だと思った(笑)

3か所以上も架橋点が必要って、そりゃ固くなりそうだよね!

 

 

 

ポリエチレン

 

p.367-2

 

低密度ポリエチレン(LDPE)

1000気圧、200℃ … ポリ袋など

 

高密度ポリエチレン(HDPE

p.367-3

10気圧、60℃ … ポリ容器

p.367-4

 

ポリエチレンだけはちょっとだけ詳しく習ったよ。

とりあえず、高密度ポリエチレンだけ覚えといて、低密度はその逆でいいよね。

枝分かれが少ない高密度ポリエチレンは結晶になりやすいよ(粒子が並びやすいから)。

名前の漢字に惑わされないように。高密度の方が気圧も温度も低いよ。

先生は本当はまだいろいろ言いたいことがあるけど、テストに出ないから言わん。って我慢してた(笑)。


コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archives

New Entries

recommend

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM