受験基礎化学 1.混合物と純物質

   ※  ○○ をクリックして解説動画へ!

 

混合物と純物質     

               

Kp.12-1

 

なんと言ってもよく出るのは塩酸だ。

それを水に溶かして水溶液にしたものを塩酸という。

塩化水素(HCl)は本当は無色の煙(気体)で、通常37%の水溶液を濃塩酸と呼んでいる。

油系(ガソリンとか)は全部混合物だ。

 

     ニューグローバル問題1

 

 

純物質は融点(何℃で融けるか)、沸点(何℃で沸騰するか)、密度(一定体積の重さ)が決まっている。

混合物は、組織や割合によって値が変化する。

 

Kp.12-2

Kp.12-2

Kp.12-2Kp.12-2Kp.12-2Kp.12-2

Kp.12-2

 

    ニューグローバル問題2

 

混合物と純物質。

ま、簡単にいえば、混ざってるヤツが混合物で、単一の化学式で表されるのが純物質ってわけだ。

「混合物と純物質を分けろ。」的な問題としてよく出題されるが、またかって感じで慣れたら1秒で出来てしまう。

 

 

ま、ちょっと説明してみよう。

 

】混合物と、純物質に分けてみよう。

  〇請如 ´空気  水  て次 ´ケ水

 

〇請任O2…だから純物質 

空気は窒素(N2)や酸素(O2)をメインにいくつかの物質が混ざってるから

混合物(空気なんて言う化学式ないじゃん)

水はH2Oだから純物質

て爾Cuで純物質

コた紊録紊某塩とかが溶けてるから混合物だね。

 

こういうのはちょっと考えたら出来るじゃん。

それよりも、最初の僕の言葉を思い出して欲しい。

 

「またかって感じで、慣れたら1秒で出来てしまう。」この部分。

ああ、名言。

「少年よ大志を抱け」級の名言だ(と一人でむせび泣き)。

基本的にひっかけようとして作られる選択肢は限られてる。

出題者もひっかけを考えてから問題を作っているので、そこさえ覚えておけばスラスラと出来てしまう。

 

 

というわけで、スーパーよく出るお約束ひっかけ超重要キーワードを、君に教えてしまおう。

まずはそこを注意してみていけば、90%の確率でできてしまうだろう。

 

その1 塩酸…これはめっちゃよく出まくる。塩酸は塩化水素(HCl)という煙を水に溶かした水溶液なのだ。だから混合物。食酢も酢酸を水に溶かしたものなので混合物だ。ちなみに酢酸はCH3COOHと書けるから純物質ね。

 

その2 石油系…ガソリンとか灯油とか、軽油とか重油とか…そういうの全部混合物だ。石油系で混合物じゃないのは化合物名(プロパンとかメタンとか)が示されているときだけだ。

 

その3 ドライアイス…二酸化炭素を冷やして固体にしたものをドライアイスという。つまりドライアイスは二酸化炭素。同じ理由で水と氷と水蒸気は全部HOで表させるので、すべて純物質だ。

 

その4 不可思議なややこしい化学式が記載されているもの。CuSO4・5H2O(硫酸銅五水和物)、AlK(SO4)2・12HO(ミョウバン)などは全部1種類の化学式で表しているので、純物質だ。

 

この4パターンはよく出る…いやもうこれだけチェックしとけばいいよってくらい出るから、ちゃんと覚えておこう。

 

 

 

混合物の分離      

               

分離 …混合物から目的とする純物質を取り出すこと

精製 …取り出した物質の純度を上げること

 

蒸留 

2種類以上の物質を含む液体を加熱して、蒸発しやすい成分を分離する操作

→食塩水から水を取り出す

 

Kp.15-1

 

分留 

2種類以上の液体の混合物から沸点の違いを利用して、各成分を分離する操作   

→石油からガソリンを取り出す。

 

昇華法       

2種類以上の固体のうち、気化できる成分のみ分離する操作

→砂とヨウ素の混合物からヨウ素だけを取り出す。

ニューグローバル問題5

 

ろ過        

液体とその液体に溶けない固体の物質を、ろ紙等を用いてその固体を分離する操作 

→砂が混ざった水から砂を除く。

ニューグローバル問題4

 

再結晶 

温度による溶解度の差を利用して、析出しやすい物質を優先的に析出させて分離する操作

→塩化ナトリウムを少量含む硝酸カリウムの結晶から硝酸カリウムだけを析出させる

 

抽出 

物質が持つ溶媒への溶けやすさを利用して分離精製する操作

→紅茶の葉から水に溶けやすい成分だけを溶かして得る

 

クロマトグラフィー 

物質の吸着力の違いを利用して分離する操作

→色インクを各色素に分離する

 

 

混合物の分離法は7種類ある。

蒸留、分留、昇華法、ろ過、再結晶、抽出、クロマトグラフィーだ。

ここで気をつけて欲しいのは、「電気分解」は混合物の分離じゃないってことだ。

電気分解すると、モノが変わってしまうから。

混合物の分離ってのはね。

塩水を塩と水とに分ける。…みたいなのだからね。

入れてあるものが化学変化しちゃダメだよ。

それぞれぞの分離方法をきちんと覚えて、具体例もちゃんと覚えておこう。

砂とヨウ素からヨウ素を取り出すのは?って聞かれたら、「昇華法!」ってすぐに出てくるようにしておこう。

まっ、とにかく必要最小限を書いてるから、完璧にしっかり覚えようね。

 

ニューグローバル問題3

ニューグローバル問題9

  (「炎色反応」についてはこちら)

  (「沈殿」についてはこちら)


コメント
コメントする








   

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archives

New Entries

recommend

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM